久しぶりに鳴った2012年01月12日 21時53分

昼休みにオフィスで一斉に緊急地震速報が鳴った。
細かく区切らずに100名以上が一部屋にいる形のオフィスなので、
周りじゅうで一斉に携帯電話が鳴る。
昼休みで席にいる人は多くないのだが、
多くの人が会社支給の携帯電話をデスクに置いて食事に出るので
携帯電話の台数は多いのであった。

自分のもAUのスマホも鳴ったし、
Docomoの会社支給ガラケー(カメラ無しのビジネス用)も鳴った。
ただ、
五反田ベースに戻ってから、
固定電話の代わりに置いてあるソフトバンクのガラケーを見ると
鳴っていなかったみたい。
逆にそれが意外、大丈夫かソフトバンク??

間が悪い2011年04月11日 21時03分

日本機械学会を悪く言うつもりなどない。
ただ、
今日、帰宅して届いていた今月の機会学会誌は
あまりにも魔の悪い内容だった。
運が悪かった、機会学会。
ちなみに、私は会員歴30年の正員だったりする。

死人に鞭打つ2011年03月25日 21時01分

原発の事故で東京電力に対して、
とても強い表現で批判する声が聞こえてくる事がある。
それぞれの批判や非難は皆ごもっともな話ばかり。
けど、今の東京電力はすでに死に体、
反撃も反論もできない状態の相手を非難するのは
古来からの日本人の美徳に反すると思う。
いわゆる、死人に鞭打つ、な行動と私には見えてしまう。
それに、後からなら何とでも言えるしね。

ただし、
今まさに被害を受けている人が思いをぶつけたいのは当然のこと。
現場近くの避難している方々に黙っていろなどと言うつもりはない。



以下、さらにダラダラな文章。
これから、もう原発は増えないだろうから、
まずは火力発電で当面はしのぐのだろうな。
すると、日本が世界の需給バランスを一時的に崩すほどの
燃料を使うことになる。
そのあおりを食うのは、多分、貧しくて弱い国の人なんだろうな。
水力発電所はダムを作るから、目に見えるほどは増やせないかぁ。
近所に原発ができるのと同じく、自分の故郷がダム湖に沈むのは
誰だって嫌だものな。
太陽光での発電は、技術が未成熟だから、
これからさらに伸びていく分野になるかな?
けど、夜の暗い時に使えないのは困るな。
風力発電は夜でも風が吹くと使えるけど、
風が止んだら使えないし。
原子力の分って、中期的にはどうやって補うんだろうか。
少なくとも、電力単価は高くなるだろうから、
電力料金の値上げは覚悟しなくては。
なにせ、現有技術の中で一番電力単価が安いのが
原子力発電だったのだからして。

停電なう2011年03月23日 19時58分

ただ今、計画停電中。
WifiルータとノートPCで日記を書いているところ。

今日は小田原近郊の職場では16時頃から停電で、
「停電でも出来る業務をする」って指示であっった。
文書は紙で持たず電子化をしているので、
これはなかなか難しいお題。
(略)
帰宅は駅までのバスが満員御礼続きで乗れず、
駅まで徒歩20分。

帰宅するとマンションの玄関で今度は自宅付近の停電タイム入り。
まだ電気は来ていたが念の為に階段で
10Fの自宅まで上がったのだった。
すっかり汗だらけ、すぐに入浴しお風呂は電気が着ているうちに終了。
その後の食事中に停電入りであった。

なんか、今日は停電ゾーンのハシゴで妙に運動量が多かった。
地震後は帰宅難民となった眠れない夜以来、
妙に寝付きが悪くてヤクを使う日が続いていたけど、
今夜は睡眠導入剤不要で寝られそう。

久しぶりの勤務2011年03月22日 20時58分

震災以来初の久しぶりの勤務日であった。
ただ、、、、
異動を控えて業務の整理もだいぶ進んでいるので、
絵に描いたような開店休業。

雨の休日2011年03月21日 17時02分

明日からは小田急が終日全線の運転になるので通常出勤の予定。
その前日の連休最終日の今日は雨の一日であった。
特に出かけることもなく、のんびりと過ごす一日。

少しだけ整理2011年03月20日 23時59分

今日もあまり出歩かず、自宅界隈で過ごす日曜日。
あまり何もしないのも何なので、
地震で棚がひとつ壊れてしまったのを期に
家の中にある死蔵品の整理をした。
レーザーディスク(パトレーバーが全部ある)とか、
バリ伝のコミックス全巻とか、
何が入っているか分からぬVTRとか、各種の死蔵品もろもろ。
ただ、カミさんと息子は捨てられない系の人なので、
家族には大変不評である。
そんな訳で、ほんの少しだけ整理したのであった。

状況が落ち着いてきた2011年03月19日 17時36分

震災の余波で遠出はし難い状況でもあり、
自宅で過ごす休日であった。
近くのイトーヨーカドーに午前中に買い物に出たのだが、
昨日一昨日とパニック買いで売り切れていた商品、
トイレットペーパーや米・パン・カップ麺なども入荷して販売されていた。
思っていたよりも品薄からの回復が早い。
それでも流通が滞っているためか品薄気味の商品もあるが、
どう考えてもここ神奈川では飢えることはないだろう。

状況が少しずつ落ち着いてきた感じ。
落ち着くのにかかる時間が長かった、
やはり大災害なのだな。