Xperia ZX Performance2017年05月27日 23時59分

メモ

昨年の夏に買ったカミさん用の端末。
昼過ぎにオカワリをauに頼んだら、
翌日の昼食時に届いた。
今回はショップでオカワリを頼んだので
無償で代替機貸出があった。

V-Stromタイヤ2014年09月22日 19時19分

V-Stromのタイヤを純正装着のオフっぽいパターンのタイヤから
Pilot Road 4に変えて数百キロ走っている。

タイヤのクリップは上がっている。
一番単純に分かるのは走り出しのABS動作チェックの時。
基本的にはV-Stromに乗るときには自宅マンションの敷地内で
前後それぞれのABSを作動させて動作チェックしている。
やや滑りやすいところで試すのだが、
その時のブレーキの効き加減が一回り違う感じで
今の方がタイヤが良くグリップしている。
もっとも、
ゴム質が逝ってしまったタイヤと新品タイヤの差もあるはず。

車体の挙動では減速の時に
フロントサスがピョコピョコと軽く動いてしまう感じになってきた。
本当は減衰を上げるんだろうけど、
調整機構はイニシャルしか無いので、
イニシャルを半目盛りほど上げて対応した。
ちょっと落ち着いたかな。


メモ:
フロントのイニシャルプリロード、
標準位置から半目盛り緩めた状態から、
標準より少しだけ閉めた状態に調整。

タチゴケた2013年09月07日 17時08分

タチゴケってしまった、V-Stromで。

リヤサスのクレーム交換にバイクを持っていこうと、
マンション駐車場の一番奥から出発。
いつものように(運転感覚の)ウォームアップに
人が歩くよりも遅い速度でスロー走行しつつ出口に車両を向けたら。。。
グラっと来てしまった。
一瞬、支えようとしたけど、
すぐに、いつものように体優先で車両を見放し放り出す。

主な損傷はタンク部のプラスチックカバー。
プラスチックの素材色が黒で、そこに白の塗装をしてあるから、
地色の黒が出てしまって目立つなぁ。
ここを交換すると1万円だそうな。
カウル類としては安いといえば安いが微妙な値段。


して、肝心のリアサスペンションは
交換したらイニシャル調整が普通のバイク並みになった。
ただし、素の状態ではそこそこ重かったそうで、
バイク屋さんが事前にユニット内に注油しておいての状態。
たぶん、部品の素の状態でもともと重くって、
さらに私には悪い方の部品が当たったって事だったのだろう。


メモ:
面倒だからリヤサスの慣らしは省略。
イニシャル標準より僅かに入れた程度。
減衰は標準より+半回転程度入れた状態。

V-Stromのリヤサス2013年09月01日 19時46分

昨日、
バイクで帰ってきたところで緩めてあるリヤの
イニシャルを標準のあたりまで戻そうとした。
すると、ノブの廻りが異様に重い。
やっと動くようになったノブを
せっせと回したのだが、
全然イニシャルがかかっていかない。。。

今朝になってもう一回確認。

やはりノブは回るが真ん中に見えるネジが回っていない、
つまり肝心のシャフトが回らず、ノブだけが空回りしている。

朝一でバイク屋さんに行って相談。
とりあえずは、ノブを外して、ユニット内に潤滑油を
強引に吹き込んでシャフトは回るようになった。
しかし、それでも油圧のプリロードにしては異様に重い。
いつ、症状が再発するか分からん状態のまま。
バイク屋さん、クレーム扱いにはあまり気乗りしないようだったが、
まずはスズキと相談してもらうことにして本日はここまで。
クレームとなると、部品はリヤサス全体で1部品だから
そりゃ慎重になるよな。。

軽く一回り2013年05月04日 16時51分

午前中は車の6ヶ月点検があったり、
ちょっとだけ義父のところに行ったりと、
いつものような休日。
そして、午後はそのままだと昼寝モード、、、、
なので、気が向いてV-Stormでバイク散歩に出た。
高速道路に乗ってしまうと、
予期せぬ渋滞にまみれてしまうかもしれないので
一般道をノンビリと走る。
なんとなくR246を西に向かって、
走りながら足柄峠の小田原側にルート変更。
足柄峠まで行って、引き返して来るって、
軽い散歩コースであった。


メモ
フロントのイニシャルは1/4目盛り程度標準から抜いた。
リアのイニシャルは標準から若干抜いた位置、今日は変えていない。
(以前の竜洋でステップ接地が多かったので1段抜きから徐々に入れていったまま。)
リアのダンパー(伸びだけ)は1/2回転標準より入れた。

バイク散歩2013年02月23日 15時42分

なかなか退院できない義父の対応を朝一ですませてからバイク散歩に出発。
っても、病棟がインフル蔓延で一月も全員面会不可なんで物を届けるだけ。。。

出発時には気温もだいぶ上がってきているし、
電熱ベストに電源を繋がないで出発してみた。
結果的には問題なし。
防風の良いV-Stromだと、5度を超える状態からの出発なら
普通にウインタージャケットで足りてしまうみたい。

とは言え、寒いので。 (^^;)
ぶらっと向かったのは海ほたる。
なにせ、暖かいトンネルの先にあるから、
この季節のバイク散歩にはありがたい。

そこでの早めの昼食はアサリ丼。

その後は先週に引き続き義母の墓参り。

同じ場所で撮影した先週の写真があったので、それを使いまわしてみる。↓



お寺の駐車場でやるのもなんだが、、、
先週緩めたイニシャルプリロードをフロントだけ元に戻した。
サスペンションのフワフワ感は柔らかい乗り心地と思えば快適なのだが、
バンクさせても動きをバネが吸っちゃうのか自己操舵があまりにも遅くて弱い。
乗りにくいんで元に戻してみた。
お寺からは自宅に帰ったのだが、
道中の車両の動きは「これなら良いかな」って思える程度に戻っていた。
リアを緩めたのはそのままだが、それはあまり影響ないみたい。
ちなみに、足つきはその分少しだけ悪くなったが、足はまだ届く。

帰宅直前に給油した。初の燃費が計れる給油。
約400Km走って、14.7L入ったので燃費は満タン方で27.2Km/L。
車両の燃費計は25少々を示していた。


メモ:
フロントのイニシャルプリロードは標準位置に戻した。
リアのイニシャルプリロードは標準から1目盛り緩めたじょうたい。
リアのダンパーは標準位置のまま。

伊豆西海岸を土肥まで2011年04月30日 21時01分

写真は戸田なのだが。。。

今日はバイクだ!
そう思っていた割にはゆっくりと起きだして、
走りだしたときにはすでに8時半を過ぎていた。
今日の行き先は昨日のうちに決めてあった伊豆西海岸。
いつものように箱根に上がって、県道で西海岸まで降りて、
その後は海岸線を南下していく。
昨日は松崎あたりまで行こうかと思っていたが、
微妙に出遅れたので土肥から山に入っていき戻りルート。
修善寺に出て、定価に戻った伊豆スカイラインで箱根。
後は山を下って帰宅。15時過ぎには帰宅できた。



**メモ**
Front
イニシャル 標準から1mm抜き で15mm
伸びダンパ 標準から1段締め込み で(全戻しから)6段戻し
圧ダンパ 標準位置

Rear
イニシャル 標準位置
伸びダンパ 標準から1段強く 3段目
圧ダンパ 標準位置

サスペンションのメモ2011年02月10日 20時27分

忘れる前に自分用のメモ。

リアのイニシャルプリロード、
標準の2段目だと動き出しの悪さって言うか、
十分に沈まない感じが時折あったので、
先日は1段目の最弱にして走ってみた。

あまり、良い感じではなかった。
ちょっと不安定感を感じだ。
ひょっとしたら、
後ろに合わせて前ももう少しイニシャル抜くとか、
それとも、後ろの減衰を変えるとかしたらよくなったかも???
とりあえずは元に戻しておいた。


現状:
フロントはイニシャルを1mm抜き、
伸び減衰、圧減衰は標準位置。
リアのイニシャルは標準位置、
伸び減衰が+1段、圧減衰は標準位置。